鍵を紛失しないための対策

鍵は所有者の証であり、他人に自分の財産・所有物を奪われないようにする重要な役割を果たすものです。もしその鍵を紛失してしまったら様々な危険に身を晒すことになります。
日常の中で鍵はどういった時に使うのでしょうか。部屋を出る時、トイレに入るとき、お風呂に入るとき、窓やベランダなどの扉の鍵を閉めます。他人が急に室内へ入ってこないように隔てるための鍵で簡易的な作りをしています。これには開けるための「鍵」は室内側のサムターンですので、紛失することはまずありません。では次に出かける際に必ず鍵をかけるであろう玄関扉の鍵、移動手段として使う車の鍵やバイク・自転車の鍵、ガレージのシャッターなど、ここでも鍵を使用します。これらの鍵は、シリンダーに鍵を挿して回して開ける・エンジンを作動させる、いわば所有者の証となります。この鍵を紛失し他人に渡った場合、簡単に家の中に侵入することが出来、車を盗んでしまうことも出来ます。
鍵を紛失する可能性は誰にでもあり、またどこでも起こり得ることです。鍵を落としてしまった時にすぐに気が付くよう、音の鳴る鈴を付けたり重めの金属物を付けると良いでしょう。鍵は盗まれる恐れもありますので、手の中に隠しにくいよう大きめのキーホルダーを付けたり、音が鳴る物を付けると有効です。
またキーホルダーと携帯アプリを連動させた紛失防止アイテムを販売されていますので、自分が出来る紛失対策を何かしら行ってみてください。もし鍵を紛失した場合は鍵屋に頼んで早急に鍵交換することをオススメします。